導入事例

名産品店・陶芸ギャラリーの
導入事例

「ホクレンふうど館」様では2007年4月から稼動開始しました。

ホクレンふうど館様は小樽運河沿いに立地し、北海道の名産品等の販売や陶芸ギャラリー、多目的ホールを備えるホクレンの創業記念館です。

同館ではこれまでPOSシステムによる在庫管理が難しく、特に陶芸ギャラリーでは展示販売も行われていますが、一品一様の商品の在庫管理にこれまで大変な労力を必要としていました。

「正確な在庫管理」「在庫管理労力の低減」これらの要望に応えるためにWin-CONPHASが導入されました。

ユーザーの要望である 「棚番」 を利用した棚卸を可能としたプログラムカスタマイズによって、システム導入前に比べ精度の高い在庫管理が可能となりこの結果、販売機会を失うことなく余剰在庫を圧縮するという難問をクリアしています。

またWin-CONPHAS自体の操作が容易であることから担当者レベルでも詳細な分析を行うことが可能で、充実した売上・仕入管理資料により効率的に店舗の状況を把握することが可能となっています。

日常業務が在庫管理と直結しているWin-CONPHASを使いこなすことで、「正確な在庫管理」「在庫管理労力の低減」という両立の難しい課題の解決を実現しています。