企業情報

ご挨拶

エィブルソフトは2017年12月に第二のスタートを切りました。

今まで36年のノウハウをもとにこれからどのようにITの分野で事業を進めて行くかということが一つの鍵になると私たちは考えています。

そこで重要と考えるのが、「AI」「キャッシュレス」「多言語化」の3つです。

近年ではAIの発達が進み多くの企業がAIを導入したサービスを展開しております。POSの世界でも間違いなくAIを取り入れたシステムがこれからどんどん出て来ると予想されます。そういった中でいち早くAIを取り入れたPOSの導入でビックデータの活用、お客様の利便性、社内の業務改善などに活用して行きたいと思っております。

また、キャッシュレスというワードでは日本はまだまだ取り扱いが少なく現金での購入や支払いが多い時代です。ですが海外の電子マネーの取り扱いなどに後押しをされて近年日本でも様々な決済サービスが始まって来ました。

お店に行ってお財布からお金を取り出すという作業がこの数年で激減して来ると思っております。そう行った中でPOSシステムの今後のあり方を考え、キャッシュレスやカードレスに対応出来るシステム開発を今後行なっていきます。

3つ目の多言語化。多くの国の外国人が日本に来日し、買い物をしたり、サービスを受けたりと、日本の経済を外国人が支えていると言っても過言ではないくらいの規模になって来ました。さらには従業員にも外国人が増え、雇用という面でも外国人の割合も増えて来ております。そう言った中で働いている人も、お客様もどの立場にいる人でもすぐに使える、という事がこれからは必須になって来ると思っております。

この3点を取り入れることで、今まで日本国内のみでの事業となっておりましたが、世界の国々に進出出来るのではないかと考えております。

POSがより進化をし、お客様の利便性が上がり、働いている人の効率が上がり、日本の商売の発展に役立てる商品を開発していけたらと思っております。

2018年1月
エィブルソフト株式会社
代表取締役 北野亮介

企業理念

  1. 私達は、世に役立つ優れたソフトウェアの開発やシステムの提供を通して社会と産業に貢献します
  2. 私達は、お客様やお取引先から深く信頼される会社を目指し、お客様やお取引先に感謝の気持ちを忘れません
  3. 私達は、常に技術の向上と品質管理に努め、自由闊達な社風を大切にし、誇りとします